成分

キャットフードの防虫対策の詳細

最近はキャットフードでも袋が丈夫なものになってきたのですが一昔前は紙が原料のキャットフード袋もありました。
簡単に言うとキャットフードの防虫対策には虫が入らないようにすることが大切なので、大袋で購入した場合は猫にご飯をあげた後は必ず密閉するようにしましょう。
ですからお皿に出してあげたご飯も食べ残したら、残したフードをジップロックなどに入れて虫がつかないようにしてあげましょう。

ジップロックは袋でも小さな調味料入れのようなパックでもありますのでホームセンターで購入することが出来ます。
ジップロックならば密閉状態になりますので袋から出したのと同じ新鮮で美味しいサクサクのキャットフードを食べることができます。
虫が付くのは袋の口が空いてるからついてしまうので必ず袋の口をしっかり閉めて猫が新鮮な状態で食べられるようにしましょう。

このように常に虫がつかない状態で保存するようにし食べさせてあげたいときは、いつも新鮮で安全なごはんをあげるようにしましょう。
また小袋のパックだと虫が付くなんて言うことはありませんし味はいろいろあって、いつも新鮮なのでこのような状態で食べさせてあげるのも良いですね。
このように猫にはいつも新鮮で虫などつかない状態で食べさせるようにしたいものです。




このページの先頭へ