成分

子猫に欠かせなキャットフード

猫は生まれてから2か月過ぎくらいまでは猫用のミルクか牛乳を飲んで過ごしますがその後子猫となり固形物が食べられるようになります。
子猫には子猫専用のキャットフードというものが存在するので子猫の時期には、これを食べさせるようにしてください。
まだ固いごはんが食べられない時には、ミルクやお湯などでふやかして離乳食を作ってあげるようにしてあげてください。

子猫のうちは成猫の時よりも身体が出来るデリケートな時期ですから量も質も両方重視すると良いでしょう。
そして骨格や筋肉がしっかりと作られる大切な時期ですから出来るだけ良質のキャットフードは欠かせないものとなります。
そして1歳を超えたら立派な成猫なので年齢にあったキャットフードを食べさせてあげてください。

赤ちゃん専用や子猫用など成長に合わせた食事をきちんと考えて栄養を与えるのは人間も猫も変わりません。
猫も人もちゃんと成長に合わせた食べ物があるのです。
キャットフードは子猫用がホームセンターなどでちゃんと表示されて販売されていますから、猫の成長に合わせあげて下さい。
猫は子猫のときの栄養バランスがとても大切なので愛猫のこれからの成長に重要ですから
ライフステージに合ったキャットフードを考えてあげてください。

このページの先頭へ