成分

老猫には欠かせないキャットフード

人間も猫も生きていれば同じように年を取りますし猫にも赤ちゃんから老猫までの段階があるのです。
この頃には食事もあまり食べなくなり、それだけでは無く病気にもかかりやすくなるので注意が必要になってきます。
そもそもシニアの猫とは飼い始めてから10年以上過ぎている猫で見た目にも若々しさが消えてあまり動かなくなってくるのです。

この時期には食べるものは重要になりますから普段の食事の内容はかなり重要です。
そのためシニア用のキャットフードには成猫とは違う成分が配合されて味や成分なども見て分かるように細かく調合されているのです。
そしてキャットフードは猫の年齢別に出ていますからきちんと老猫用の食事に切り替えてあげるように配慮してください。

老猫が食べられるように胃腸などの消化器官はじめとする内臓や腎臓のケアもきちんとされていますので安心して与えることが出来るのです。
そして内臓までのバランスをきちんと考えて作られているのでとても安心です。
またシニアには栄養素含め大変バランスよく考えられていますから老猫用のキャットフードで育ててあげましょう。
年齢別のキャットフードにもきちんと意味があるものです。
猫が病気に苦しむことなくいつまでも健康でいるために食べるものには特に気を使ってあげたいものですね。

このページの先頭へ